RWI の教育

PRESCHOOL

英語教育Grape SEED)

 
  •  

    赤ちゃんが母親の言葉を覚えるプロセスに基づいて作られたGrape SEED。40年以上にわたり英語教育に取り組んできた宮城明泉学園で開発され、今では英語圏を含む全世界へと広がるグローバルな英語習得教材です。GrapeSEEDは、第二言語として英語を学ぶ世界中の子ども達のために開発されたカリキュラム。子ども達は無理なく英語にふれ、英語でのコミュケーションを楽しむようになっていきます。
    RWIでは0~2歳児のNurseryにおいて毎日のEnglish Play Timeで楽しく英語耳の基礎を養います。どんな言語であっても正確に聞き取れるといわれている乳幼児期からGrapeSEEDやその他の教材を用いることで、楽しく英語の環境に触れ合いっていくうちに、いつの間にか英語の歌や手遊び覚えてしまいます。
    3~5歳児のPreschoolにおいては、Grape SEED教材を用いた英語教育と共に外国人講師による英語保育を実施し、多角的視野を持ったバイリンガルキッズの育成を行います。子どもの母語が急激に発達する4歳頃、子どもの脳には「母語の言語領域」が確立しはじめると言われています。子供達は「英語」と言う言語や外国人講師との交流を通じて、生活をしながら異文化体験をし、グローバルな視野と世界観を養うことができます。
    GrapeSEEDは12歳までに英語の総合的なスキルを身につけられるよう設計されています。そのため、卒園児を対象に、アフタースクール(アイリス)にて週3回、引き続き英語教育を実施いたします。英語特有の音を正確に聞き分ける能力は、残念ながら成長するにつれて失われていきます。卒園後もアフタースクールにてお子様の英語力定着にご協力ください。